面接のフィードバックで自社の印象アップを図る! 2つの方法と実施のポイント


面接を実施する際は、自社が求める人物を見極めるとともに、候補者を次のフェーズへ引き上げるために良好な関係性を構築することが求められます。

そこで行われるのが候補者に対するフィードバックです。面接のフィードバックを実施して、候補者によかった点や改善点を伝えることによって、候補者からの好印象につながると期待できます。

人事・採用担当者さまのなかには、「面接のフィードバックにはどのようなメリット・デメリットがあるのか」「どのような方法で実施するとよいのか」などと疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

この記事では、面接のフィードバックを実施するメリット・デメリットや方法、実施する際のポイントについて解説します。


エン転職に採用の相談をしてみる(相談無料)


▼本記事をより詳細に、分かりやすく解説した「自社の印象アップ!面接のフィードバック」の資料を以下から無料でダウンロードいただけます▼

面接のフィードバックのバナー



目次[非表示]

  1. 1.面接のフィードバックを行うメリット
    1. 1.1.①自社への志望度や好感度の向上が期待できる
    2. 1.2.②採用ミスマッチの防止につながる
    3. 1.3.③面接の品質向上につながる
  2. 2.面接のフィードバックを行うデメリット
    1. 2.1.①面接官の負担が増えやすい
    2. 2.2.②採用基準が候補者に伝わる可能性がある
  3. 3.面接のフィードバックを行う2つの方法
  4. 4.候補者にフィードバックを行うときのポイント
    1. 4.1.①面接評価シートを作成する
    2. 4.2.②フィードバックの内容は具体的に伝える
    3. 4.3.③ブリッジングを意識する
  5. 5.まとめ


面接のフィードバックを行うメリット

候補者に対して面接のフィードバックを行うと、企業に対する印象の向上やミスマッチの防止などのさまざまなメリットが期待できます。


①自社への志望度や好感度の向上が期待できる

1つ目は、自社への志望度や好感度の向上が期待できることです。

面接時に候補者へフィードバックを実施すると、一人ひとりを慎重に評価しているという印象を与えられるため、自社に好感を持ってもらいやすくなります。

候補者のことを考えた丁寧な選考をしている会社として認識されることで、「ここで働きたい」という志望度の向上につながると期待できます。また、志望度の向上は選考プロセスでの辞退を防ぐことにも結びつくと考えられます。


また、自社への志望度・好感度を高める重要な要素の一つに「面接官の態度」があります。面接官の態度で気を付けたいポイントについて以下の記事で解説しておりますので、あわせてご覧ください。


▼面接官の態度で気をつけることは? 応募者からの好感度を高める4つのポイント

  面接官の態度で気をつけることは? 応募者からの好感度を高める4つのポイント 採用活動の一環として行う面接は、応募者との直接的なやり取りを通じて相互理解を深める機会となります。面接官の態度に問題があり、応募者に不快な思いをさせてしまった場合には、会社のイメージ低下につながり優秀な人材を逃してしまう可能性があります。応募者を逃がさないためにも、いかに会社に対してよい印象を持ってもらえるかが重要です。この記事では、人事・採用部門の担当者さまに向けて、面接官の態度で気をつけることや、好感度を高めるポイントについて解説します。 エン・ジャパン株式会社



②採用ミスマッチの防止につながる

2つ目は、採用ミスマッチを防げることです。

フィードバックを通して、人材を評価するポイントや求めている人物像を改めて候補者に伝えることで企業と候補者の認識をすり合わせられます。

採用担当者だけでなく、候補者自身も「自分に合う会社かどうか」を判断できるようになるため、採用ミスマッチを未然に防ぐことが可能です。これにより、入社後に早期退職してしまうリスクを軽減できることが期待できます。


③面接の品質向上につながる

3つ目は、面接の品質向上を図れることです。

フィードバックを実施するには、一度の面接で候補者をよく観察して多くの情報を引き出すことが求められます。

面接時にフィードバックを実施する仕組みを設けると、候補者をよく観察したり、選考基準・評価の振り返りを行ったりすることにつながるため、面接の品質が高まると考えられます。



面接のフィードバックを行うデメリット

応募者に対して面接のフィードバックを行う際には、いくつか注意点もあります。


①面接官の負担が増えやすい

1つ目は、面接官の負担が増えやすいことです。

フィードバックの実施にあたっては、候補者に対してよかった点や改善点を伝えるための時間・工数が発生するため、面接官の負担につながりやすくなります。

また、限られた時間のなかで候補者の長所・短所を捉える必要があるほか、短時間で言語化して伝える能力も求められます。面接官がフィードバックを実施するためのスキルを習得するのに時間を要することも考えられます。


②採用基準が候補者に伝わる可能性がある

2つ目は、採用基準が候補者に伝わる可能性があることです。

フィードバックを行う際に、企業が「何を重要視しているか」「どこを改善点として捉えているか」といった採用に関する情報が候補者に伝わるおそれがあります。

採用基準が外部に流出すると、新たに面接を行う候補者が事前に対策をすることも考えられるため、適正な評価ができなくなる可能性があります。

フィードバックを実施する際は、候補者に伝える内容や範囲、言い回しなどを事前に検討しておくことが重要です。



面接のフィードバックを行う2つの方法

面接のフィードバックを行う際は、候補者の性格に合わせて2つの方法を使い分けることが重要です。


▼フィードバックの2つの方法

方法

ポジティブフィードバック

ネガティブフィードバック

概要

候補者のよい点や長所と感じた点などを

伝える方法

候補者に改善点や課題点を伝える方法

特徴

  • 候補者の自己肯定感を高めつつ信頼関係の構築を図れる
  • 志望度の向上につながりやすい
  • 改善方法やアドバイスを伝えることで成長を促せる
  • 場合によってはストレスを与える可能性がある


前向きな評価を伝えるポジティブフィードバックは、候補者の自信につながりやすくなります。そのため、候補者が自身の能力やポテンシャルに気づいていない場合、または自己評価が低いと考えられる場合に適しています。

一方、ネガティブフィードバックは、優れた能力や経験を持っており自分に自信がある候補者に適しているといえます。改善点や課題点について「自分が成長する機会になる」と前向きに捉えてもらいやすいと考えられます。


候補者にフィードバックを行うときのポイント

候補者へのフィードバックを実施する際は、一定の基準で評価を行える仕組みを整えるとともに、印象の向上につながる伝え方を意識することがポイントです。


①面接評価シートを作成する

面接を実施する前に、選考基準や評価方法、評価に基づくフィードバックの内容をまとめた面接評価シートを作成することが重要です。

評価に応じたフィードバックの内容をあらかじめ言語化しておくことで、面接官がスムーズにフィードバックを行えるようになり負担の軽減につながります。

また、一定の基準に沿って候補者の評価を行えるようになるため、面接官による評価のばらつきを防ぐことが可能です。

なお、面接評価シートの作り方についてはこちらの記事で解説しています。

  面接評価シートとは? 採用に活用できる作り方の手順と運用のコツ 採用面接では、多くの応募者のなかから自社の人材要件にマッチする人材を見極める必要があります。 しかし、「面接官の勘や経験などの主観によって判断している」「求める人材の要件は定義しているものの、評価基準が曖昧になっている」といった状態では、面接官によって評価にばらつきが生じやすくなります。 面接官による評価基準を統一して、応募者を客観的に判断するためには、“面接評価シート”を活用することが有効です。 この記事では、面接評価シートの概要や作り方の手順、運用のポイントについて解説します。 エン・ジャパン株式会社


▼面接の見極め精度向上・採用担当者の負担軽減につながる、「面接評価シートのテンプレート」は以下からも無料でダウンロードいただけます。

面接評価シートのバナー


▼本記事をより詳細に、分かりやすく解説した「自社の印象アップ!面接のフィードバック」の資料を以下から無料でダウンロードいただけます▼

面接のフィードバックのバナー



②フィードバックの内容は具体的に伝える

候補者にフィードバックを行う際は、「どのような言動に対して何を評価したのか」を具体的に伝えることもポイントの一つです。

フィードバックの内容が抽象的な場合、候補者が「何を評価されているのか」「どのような改善が求められているのか」などを理解しづらくなります。

例えば、ポジティブフィードバックの場合「あなたはこの業界に向いていると思います」といった抽象的な内容ではなく「あなたの〇〇の経験は接客業の仕事に役に立ちます」などと内容を具体化させる必要があります。


③ブリッジングを意識する

フィードバックを通して志望度や好感度の向上につなげるには、フィードバックの内容と自社の印象を関連づける“ブリッジング”を意識することも重要です。


▼ブリッジングを意識したフィードバックの例

  • 評価した能力を自社の業務に生かせることを伝える
  • 自社の企業文化に対して候補者の長所や性格がマッチしていることを伝える


ブリッジングを行うことで、候補者が持つ能力やポテンシャルなどが自社の価値に結びつくことがイメージしやすくなり、「この会社で働きたい」という意欲が醸成されると期待できます。



まとめ

この記事では、面接のフィードバックについて以下の内容を解説しました。


  • 面接のフィードバックを行うメリット・デメリット
  • 面接のフィードバックを行う2つの方法
  • 候補者にフィードバックを行うときのポイント


面接の最後にフィードバックを行い、よい点や改善点などを候補者に伝えることで、自社への志望度・好感度の向上、採用ミスマッチの防止、面接の品質向上につながると期待できます。

より効果的にフィードバックを行うには、評価シートを作成してあらかじめフィードバックの内容を言語化しておくとともに、具体性を持たせること、ブリッジングを意識することがポイントです。

また、フィードバックを通して自社の働き方や求める人物像を伝えることも大切ですが、効率的に面接を行うには求人募集の段階でミスマッチを防ぐ必要があります。


求人募集の段階におけるミスマッチを防ぎ、入社後に活躍・定着する人材を採用したいとお考えであれば、ぜひ『エン転職』をご活用ください。

エン転職は、日本最大級となる1000万人の会員を保有する中途採用向けの求人サイトです。求人に「仕事の厳しさ」「向いていない人」という項目を設けることで、早期離職の防止や入社後のミスマッチの軽減を行なっています。

「思ったよりキツイ…」「求人には書いていなかった…」という入社後のギャップは、早期退職につながる原因の一つです。求人であらかじめ仕事の厳しい側面を伝えることで、それでも働きたいと思わせる意欲を醸成できます。こうした取り組みによって、エン転職経由の入社者の定着率は格段に高いとご好評いただいております。

採用でお悩みの際は、以下のお問い合わせ窓口よりお気軽にご相談ください。


エン転職に採用の相談をしてみる(相談無料)



▼エン転職の料金表・特徴をまとめたパンフレットは以下からダウンロードいただけます。

エン転職の料金表・パンフレット



ほかにも、エン転職には入社後の活躍・定着を促進する機能が多数備わっています。詳細はこちらの記事で解説しています。

  エン転職の特徴を分かりやすく整理|採用成功できるヒミツを大公開 - エン転職|【公式】企業様向けサイト 「転職サイトって色々あるけど、他のサイトとなにが違うの?」 「TVCMや駅の広告でよく見るけど、どんな転職サイトなの?」 「採用を成功させるならエン転職…って聞いたけど、なんで?」 といったことをお考えの経営者や採用担当の方々を対象とした記事です。エン転職ならではの採用に対する考え方や、特徴、得られる効果などについて説明していきます。 エン転職の特徴は? 誰にも真似できない「入社後活躍」へのこだわり エン転職が提供する3つの価値 求人に応募が集まりやすい 採用が決まりやすい 入社後に定着しやすい エン転職の求人に応募が集まる理由は? 会員数1000万人超と日本最大級 1求人あたりの会員数は業界N… エン・ジャパン株式会社


なお、面接来社率が3倍、採用数4倍を実現する方法と採用事例については、こちらの記事で詳しく解説しています。

  採用事例|負のスパイラル脱出!面接来社率3倍、採用数4倍を実現 - エン転職|【公式】企業様向けサイト 応募が少ない。採用しても人が辞めてしまう。そんなお悩みを抱える企業様に役立つ事例をご紹介。採用が追い付かず、現場負担が増大。退職者による辛辣なクチコミが増え採用が難しくなる。そんな負のスパイラルをいかにして脱出したのか?ぜひご参考ください。 エン・ジャパン株式会社

▼本記事をより詳細に、分かりやすく解説した「自社の印象アップ!面接のフィードバック」の資料を以下から無料でダウンロードいただけます▼

面接のフィードバックのバナー


​​​​​​​
共通CTA用_オリコン6年連続
エン転職に関する各種お問い合わせはこちら
料金表をダウンロード
採用についての相談
媒体資料ダウンロード
事例集をダウンロード
エン転職のパンフレット(オリコン6連覇)
100以上のお役立ち資料一覧のバナー(スマホ版)
人気資料TOP3
面接質問集120選
【資料一覧】給与相場レポート2024年最新版
開催予定のセミナー
採用成功事例
人気記事ランキング
セミナー情報
人気のお役立ち資料
採用成功事例
人事のミカタ
タグ一覧