採用活動にVRが効果的? 活用方法やメリット、導入時の注意点を解説


近年、VRの市場規模は拡大しており、消費者向けのエンターテインメント分野のほかにも、不動産や旅行、教育などさまざまな分野で導入されています。

採用分野も例外ではなく、採用活動にVRを取り入れている企業が見られます。自社でも導入を検討しているものの、「採用活動でどのようにVRを活用するのか」「具体的なイメージが湧かない」といった人事担当の方もいるのではないでしょうか。

本記事では、採用活動におけるVRの具体的な活用方法やメリット、注意点について解説します。

出典:総務省『令和3年版 情報通信白書


目次[非表示]

  1. 1.採用活動におけるVRの活用方法
    1. 1.1.①VR会社説明会
    2. 1.2.②VR職場見学
    3. 1.3.③VR仕事体験
    4. 1.4.④VR転職イベント
    5. 1.5.⑤VRテスト
  2. 2.採用活動にVRを取り入れるメリット
    1. 2.1.会社側
    2. 2.2.求職者側
  3. 3.VRを活用する際の注意点
  4. 4.まとめ


採用活動におけるVRの活用方法

VR(Virtual Reality:バーチャル リアリティ)とは、仮想空間をコンピューター上につくり出して、現実世界のように疑似体験できる技術のことをいいます。

採用活動におけるVRの活用法は、主に5つあります。


①VR会社説明会

VRの活用方法の1つ目は、会社説明会です。

従来の会社説明会では、オフィスやレンタル会場などの決まった場所で開催するため、遠方に住む求職者が参加しにくいといった課題がありました。

VR会社説明会であれば、インターネット環境とパソコンがあればオンラインで開催できるため、場所の制限がなくなります。

また、オンライン会社説明会と比べて、現場にいるかのような臨場感を演出できるため、職場の風土や雰囲気が伝わりやすく、企業への興味喚起が期待できます。

求職者の印象に残る会社説明会のやり方は、こちらの記事で解説しています。以下の記事を参考に、具体的なプレゼンの内容などを決めてみてください。

▼採用の応募者を増やす! 会社説明会で印象に残るプレゼンテーションとは

  採用の応募者を増やす! 会社説明会で印象に残るプレゼンテーションとは 会社説明会を実施する際は、求職者が知りたい情報を把握したうえで、求職者の興味を引くプレゼンテーションを検討することが重要です。この記事では、会社説明会で必須となるプレゼンをはじめ、求職者の興味を引くためのポイントについて解説します。 エン・ジャパン株式会社


②VR職場見学

2つ目は、職場見学として、会社内のバーチャルツアーを実施することです。

実際の職場に求職者を集めて職場見学を実施する方法もありますが、参加人数が多い場合は、スケジュール調整や現場の準備など、多くの手間や時間がかかります。

VR職場見学であれば、制作したコンテンツをオンライン上で見てもらい、類似的な職場見学をしてもらえます。また、オフィスだけでなく、安全面や衛生面での配慮が必要になる工場見学も実施しやすいといった魅力もあります。


③VR仕事体験

3つ目は、VRを活用して仕事体験のプログラムを実施することです。

実際に仕事体験を実施するとなると、求職者との日程調整や対応する社員の選定などのさまざまな労力・時間が発生します。

VRを活用することで、人的・時間的コストを抑えつつ、よりリアルな仕事体験をしてもらえます。

画像・動画で情報を伝えるだけでなく、作業や業務プロセスを体験してもらうことで、「思っていた仕事内容と違った」「想像よりも大変だった」という入社後のギャップも防げます。


④VR転職イベント

4つ目は、VRを活用して転職イベントを実施することです。

例えば、VR上のアバターを通じて求職者との相互コミュニケーションを取る方法があります。さらに、合同説明会の会場を3D空間で再現してブースを自由に行き来できるようにすることで、求職者の興味関心を刺激する体験を提供できます。

また、VRを用いた転職イベントは、話題性を集めて求職者の集客を図るという観点からも有効な手法といえます。


⑤VRテスト

5つ目は、選考時の実践的なテストとして、VRを活用することです。

VR空間に業務プロセスを構築して、現場に近い環境をつくり出すことで、作業の正確性・スピードなどを確認できるようになります。さらに、求職者の能力や業務との適合性を判断することも可能です。


採用活動にVRを取り入れるメリット

採用活動にVRを活用すると、会社側・求職者側のそれぞれにメリットがあります。


会社側

会社側がVRを採用活動に取り入れるメリットは、以下のとおりです。


▼メリット

  • 求職者に広くアピールできる
  • ミスマッチを防げる
  • 競合他社との差別化を図れる


VRを活用することで、実際に会社やイベント会場に訪れることなく、リアルな職場の雰囲気・空気感を伝えられます。遠隔地に住む求職者にもアピールできるため、採用の幅が広がることが期待できます。

また、VRを用いて職場見学や仕事体験をしてもらうことで、求職者に自社への理解を深めてもらうことが可能です。職場環境や入社後の仕事内容などを分かりやすく伝えられるため、入社後のミスマッチを防げるようになります。

VRによる採用活動は広がりつつあるものの、まだまだインパクト・話題性があるため、競合他社との差別化を図ることも期待できます。


求職者側

求職者側におけるメリットは、以下のとおりです。


▼メリット

  • 職場の雰囲気をイメージしやすい
  • Webサイトや動画よりも深く理解できる
  • 場所の制限なく参加できる


VRを用いた会社説明会や職場見学では、360度の画像・動画を用いた臨場感のあるコンテンツを視聴できるため、オフィスの全容、雰囲気などをイメージしやすくなります。

Webサイトや動画では伝わらない情報をキャッチすることで、「ここで働きたいと思えるか」「雰囲気が自分に合っているか」など、企業とのマッチ度合いを見極められます。また、場所の制限がなく、遠隔地からでも参加できることもメリットです。


VRを活用する際の注意点

VRを採用活動に導入するときは、以下の点に注意が必要です。


▼VRを採用活動に導入する際の注意点

  • 導入コストがかかる
  • コンテンツの工夫が必要
  • オフラインでの対応も検討する


VRを用いた採用活動を実施するには、コンテンツを制作したり、専用の機材を調達したりするためのコストがかかります。  

また、求職者の興味を引くには、企業理念・コンセプトが伝わるコンテンツや、臨場感を演出するための工夫が求められます。VRに関する技術・ノウハウがなければ、VRコンテンツの制作が難しいケースもあります。

なお、VRは画像・動画と比べて情報を視覚的に分かりやすく伝えられますが、伝えられる情報が限られてしまいます。実際の職場見学や仕事体験を希望する求職者に対しては、オフラインでの対応を検討することも必要です。



まとめ

この記事では、VRを用いた採用活動について以下の内容を解説しました。


  • VRの活用方法
  • 採用活動にVRを取り入れるメリット
  • VRを活用する際の注意点


VRの技術は、採用活動におけるさまざまな場面で活用されています。企業にとっては、遠隔地の求職者にもアピールできる、ミスマッチが防げる、競合他社との差別化できることがメリットです。

求職者にとっては、場所の制限なく参加できる、職場の雰囲気をイメージしやすくなる、企業への理解が深まるといったメリットがあります。

ただし、導入時にはコストがかかるほか、求職者の興味を引くためにコンテンツの工夫が求められます。また、希望者に対しては、オフラインでの対応も検討する必要があります。求職者への興味喚起・ミスマッチ防止・競合他社との差別化という大きなメリットはあるものの、VRの導入はハードルが高く感じてしまう方も多いと思います。

より手軽に、コストを抑えて、興味喚起・ミスマッチ防止・競合他社との差別化を図るのであれば、求人サイト『エン転職』の活用がおすすめです。

エン転職は、日本最大級となる1,000万人超の会員を保有する、中途採用向け求人サイト。特徴の一つとして、料金プランによって“求人の情報量”が変わらないことがあります。一番お求めやすい料金プランでも、求人情報にA4用紙4枚分の原稿に加えて、写真3点、動画1点といった多くの情報量を掲載できるため、企業の強み・魅力を存分にPRして、競合他社との差別化ができます。


エン転職に採用の相談をしてみる(相談無料)


そのほかにも、エン転職には入社後のミスマッチを防止する機能が多数あります。詳細はこちらの記事をご確認ください。


  エン転職の特徴を分かりやすく整理|採用成功できるヒミツを大公開 - エン転職|【公式】企業様向けサイト 「転職サイトって色々あるけど、他のサイトとなにが違うの?」 「TVCMや駅の広告でよく見るけど、どんな転職サイトなの?」 「採用を成功させるならエン転職…って聞いたけど、なんで?」 といったことをお考えの経営者や採用担当の方々を対象とした記事です。エン転職ならではの採用に対する考え方や、特徴、得られる効果などについて説明していきます。 エン転職の特徴は? 誰にも真似できない「入社後活躍」へのこだわり エン転職が提供する3つの価値 求人に応募が集まりやすい 採用が決まりやすい 入社後に定着しやすい エン転職の求人に応募が集まる理由は? 会員数1000万人超と日本最大級 1求人あたりの会員数は業界N… エン・ジャパン株式会社


また、Webを活用した採用活動には“オンライン面接”もあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

  エン転職で今応募が増えている「オンライン面接OK」の求人とは? - エン転職|【公式】企業様向けサイト 新型コロナウイルス感染拡大により急速に注目を集めた「オンライン面接」。対面面接と比較して感染の心配がないことから、求職者の人気が高まっています。オンライン面接の有無で応募効果にどのような差がでるか解説します。 エン・ジャパン株式会社


エン転職 採用ノウハウ編集部
エン転職 採用ノウハウ編集部
「エン転職 採用ノウハウ編集部」は、HR業界で活躍している複数のメンバーで構成されています。構成メンバーは、現役の人事労務、1000社以上の企業を支援してきた採用コンサルタント、10年以上の経験を持つ求人専門のコピーライターなど。各領域の専門的な知識に基づき、企業の経営者・人事・採用担当者のお役に立てるように記事を執筆しています。 ※「エン転職 採用ノウハウ」はエン・ジャパン株式会社が運営している情報サイトです。
共通CTA用_オリコン6年連続
エン転職に関する各種お問い合わせはこちら
料金表をダウンロード
採用についての相談
媒体資料ダウンロード
事例集をダウンロード
エン転職のパンフレット(オリコン6連覇)
100以上のお役立ち資料一覧のバナー(スマホ版)
人気資料TOP3
面接質問集120選
【資料一覧】給与相場レポート2024年最新版
開催予定のセミナー
採用成功事例
人気記事ランキング
セミナー情報
人気のお役立ち資料
採用成功事例
人事のミカタ
タグ一覧