残業手当の計算方法とは? 残業代の種類や割増率などを解説


「残業手当の計算」のイメージ画像


残業手当とは、社員が時間外労働を行なった場合に、企業が支払う手当のことです。残業手当は必ず正しく計算し、社員へ支給しなくてはなりません。
 
しかし残業手当にはいくつか種類があるほか、残業する時間帯などによって割増率も変わるため、「計算方法が複雑でよくわからない…」という方も多いでしょう。
 
そこで本記事では、残業手当の計算方法についてわかりやすく解説します。残業手当の種類や割増率、各種類の計算方法などをご説明しますので、ぜひお役立てください。


目次[非表示]

  1. 1.残業手当とは?
  2. 2.残業の種類
    1. 2.1.法定外残業
    2. 2.2.法内残業
  3. 3.残業手当の計算方法
  4. 4.残業手当の計算をするときの割増率
    1. 4.1.法定時間を超えている場合の計算方法
    2. 4.2.法定時間を超えていない場合の計算方法
    3. 4.3.休日出勤手当の計算方法
    4. 4.4.深夜手当の計算方法
  5. 5.まとめ


残業手当とは?

残業手当とは、社員が時間外労働(=残業)を行なった場合に、企業が支給する手当のことです。残業とは主に、労働基準法で定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」を超過して働いた時間を指します。
 
また社員の働いた時間が、法定労働時間を超過したかどうかは、実働時間で判断します。以下のような時間は、実働時間のうちに入らないので注意しましょう。

  • 社員の休憩時間
  • 規定の休暇を取得した場合
  • 遅刻・早退などにより勤務していなかった場合
  • 私用のために外出や中抜けをした場合  など


残業の種類

残業には「法定外残業・法内残業」があります。それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。


法定外残業

法定外残業とは、労働基準法によって定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」を超過して働いた場合の残業を指します。社員の法定外残業に対して、企業は割増賃金を支払う必要があります。
 
たとえば通常の勤務時間が9時~17時(休憩1時間含む)の場合に、20時まで残業したとします。この場合、会社が定めた労働時間は1日7時間です。
 
1日7時間であれば、法定労働時間の8時間よりも短いため、社員が実際に残業したのが17時~20時であっても「割増賃金の対象となる残業時間は18時~20時分のみ」となります。


法内残業

法内残業とは、労働基準法によって定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」以内に収まる範囲で行なわれた残業を指します。法内残業は、法定外残業とは異なり、割増賃金の対象とはなりません。
 
たとえば通常の勤務時間が9時~17時(休憩1時間含む)の場合に、20時まで残業をしたとします。この場合、会社が定めた労働時間は1日7時間なので、法定労働時間の8時間よりも短くなります。
 
上記の場合、社員が残業した17時~20時までのうち、17時~18時までの1時間は法内残業となります。18時以降は法定労働時間を超過して残業している状態なので、法定外残業として扱われます。


残業手当の計算方法

労働基準法で定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」を超過して働いた分の残業代は、割増賃金の支給対象となります。
 
法定労働時間を超えて働いた分の割増率は25%です。つまり法定外残業の割増賃金は、「1時間当たりの賃金(時給)の25%増」となります。
 
1ヶ月当たりの法定外残業の残業手当は、以下の計算式で算出できます。


1ヶ月の残業手当=1時間当たりの賃金(時給)×割増率×1ヶ月の残業時間



また、1時間当たりの賃金(時給)は、以下の計算式で算出します。


1時間当たりの賃金(時給)=1ヶ月当たりの賃金(月給)÷1ヶ月の平均所定労働時間



このとき、月給には基本給・役職手当・資格手当などが含まれます。ただし下記のような手当は、月給に含まれないので注意しましょう。(※給与規定による)

  • 通勤手当
  • 家族手当
  • 住宅手当
  • 単身赴任手当
  • ボーナスなど臨時的な賃金 など


残業手当の計算をするときの割増率

先ほど「法定労働時間を超過して働いた分の残業代は、割増賃金の支払い対象であり、割増率が25%である」と説明しました。
 
このほかにも残業手当の割増率には、いくつか種類があります。ここからは「法定外残業・法内残業・休日出勤・深夜残業」の4パターンの割増率を解説します。


法定時間を超えている場合の計算方法

前述したように、労働基準法で定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」を超えて残業した場合の割増率は25%です。

▼法定労働時間を超えて残業した場合の残業手当の計算例

  • 勤務時間=9時~17時(休憩1時間含む)とする
  • 1時間当たりの賃金=1,500円とする
  • 残業時間=20時まで残業したとする

 
▼上記の場合の残業手当

  • 所定労働時間=1日7時間(つまり17時~18時までは法内残業)
  • 法定外残業=18時~20時までの2時間
  • 残業手当=1,500円×2時間×1.25=3,750円


法定時間を超えていない場合の計算方法

労働基準法で定められた法定労働時間「1日8時間・週40時間」以内に収まる範囲で行なわれた残業を法内残業といいます。法内残業は、割増賃金の対象ではありません。

▼法定労働時間を超えない範囲で残業した場合の残業手当の計算例

  • 勤務時間=9時~17時(休憩1時間含む)とする
  • 1時間当たりの賃金=1,500円とする
  • 残業時間=18時まで残業したとする

 
▼上記の場合の残業手当

  • 所定労働時間=1日7時間(つまり17時~18時までは法内残業)
  • 法定外残業=なし
  • 残業手当=1,500円×1時間=1,500円


休日出勤手当の計算方法

休日出勤手当とは、法定休日に労働した場合の手当です。法定休日は労働基準法によって定められている休日で、社員に対して「毎週1日または4週で4日以上」与えることが、企業に義務づけられています。法定休日に労働した場合の割増率は35%です。
 

▼法定休日に働いた場合の残業手当の計算例

  • 1時間当たりの賃金=1,500円とする
  • 休日出勤=法定休日に9時~12時まで働いたとする

 
▼上記の場合の残業手当

  • 残業手当=1,500円×3時間×1.35=6,075円


深夜手当の計算方法

深夜手当とは、22時~翌朝5時までの深夜労働に対して支給する手当です。深夜労働をした場合は、法定外残業に対する割増賃金(25%増)に加えて、さらに25%増の手当が支給されます。つまり深夜手当の割増率は50%となります。

▼深夜労働した場合の残業手当の計算例

  • 勤務時間=9時~17時(休憩1時間含む)とする
  • 1時間当たりの賃金=1,500円とする
  • 残業時間=23時まで残業したとする

 
▼上記の場合の残業手当

  • 所定労働時間=1日7時間(つまり17時~18時までは法内残業)
  • 法定外残業=18時~23時までの5時間。このうち22時~23時までの1時間が深夜手当の対象
  • 残業手当=(1,500円×4時間×1.25)+(1,500円×1時間×1.5)=9,750円


まとめ

残業手当の種類や割増率、各種類の計算方法などを解説しました。残業手当には大きく分けて「法定外残業・法内残業」という2つの種類があります。
 
法定外残業は割増賃金の支給対象で、割増率は25%です。法内残業は割増賃金の対象とはなりませんが、所定の時給に従って、残業代を支払う必要があります。
 
また、法定外残業には「休日出勤手当・深夜手当」などがあります。休日出勤手当の割増率は35%。深夜手当の割増率は、法定外残業の割増率と合わせて50%です。残業手当の未払いは労働者とのトラブルの元となるため、計算を間違えないよう注意しましょう。


残業手当を正しく支給する企業は、労働者にとって安心して働ける優良な企業といえます。ただし労働者の多くが、残業手当に関する情報だけで、就労先を決めるわけではありません。
 
自社に適した優秀な人材を集めるためには、求人情報のなかで給与制度をはじめとする自社の魅力を、しっかりとアピールすることが大切です。


「求人で自社の魅力を最大限にアピールしたい」「自社に適した人材からの応募を集めたい」そんな考えをお持ちであれば、ぜひ『エン転職』にご相談ください。『エン転職』は日本最大級となる1000万人の会員を保有する、中途採用向け求人サイトです。
 
『エン転職』の強みの1つに「求人広告の質の高さ」があります。『エン転職』は業界内でも珍しく、営業とは別に取材専門の「ディレクター」と、求人専門の「コピーライター」を自社で雇用・育成。プロの目線で、企業の魅力が最大限に伝わる求人を作成します。
 
求人広告の質が高いため、『エン転職』は「求人広告賞」を2018年から2021年まで4年連続受賞。過去18回の開催のうち、半数を超える通算10回をエン転職が受賞しています。
 
採用でお悩みの際は、以下のエン転職お問い合わせ窓口よりお気軽にご相談ください。


エン転職に採用の相談をしてみる(相談無料)


▼エン転職の料金表・特徴をまとめたパンフレットは以下からダウンロードいただけます。

エン転職の料金表・パンフレット


ほかにも『エン転職』には採用を成功に導く様々な特徴があります。『エン転職』の料金表・パンフレットダウンロード、サービスの詳細確認はこちらから行なえますのであわせてご覧ください。


 
▼エン転職のサービスページ

  エン転職をお考えの企業・法人様へ【公式】 エン・ジャパン運営の中途採用サービス「エン転職」の企業・法人様向けサイトです。エン転職の掲載料金、サービス詳細、特徴、採用事例、資料ダウンロードページ、お問い合わせ方法などをご案内しています。 エン・ジャパン株式会社






エン転職 採用ノウハウ編集部
エン転職 採用ノウハウ編集部
「エン転職 採用ノウハウ編集部」は、HR業界で活躍している複数のメンバーで構成されています。構成メンバーは、現役の人事労務、1000社以上の企業を支援してきた採用コンサルタント、10年以上の経験を持つ求人専門のコピーライターなど。各領域の専門的な知識に基づき、企業の経営者・人事・採用担当者のお役に立てるように記事を執筆しています。 ※「エン転職 採用ノウハウ」はエン・ジャパン株式会社が運営している情報サイトです。
共通CTA用_オリコン6年連続
エン転職に関する各種お問い合わせはこちら
料金表をダウンロード
採用についての相談
媒体資料ダウンロード
事例集をダウンロード
エン転職のパンフレット(オリコン6連覇)
100以上のお役立ち資料一覧のバナー(スマホ版)
人気資料TOP3
面接質問集120選
【資料一覧】給与相場レポート2024年最新版
開催予定のセミナー
採用成功事例
人気記事ランキング
セミナー情報
人気のお役立ち資料
採用成功事例
人事のミカタ
タグ一覧