通年採用の成功事例。
連続掲載の宿敵
「応募数の目減り」を鮮やかに撃退!

・職種  :ルート配送
・業種  :小売業
・エリア :兵庫県、京都府、大阪府
・従業員数:9467名
・設立  :1921年

生活協同組合コープこうべ

兵庫県全域と京都府京丹後市、大阪府北部を事業エリアとして「コープ」をはじめとする店舗事業や宅配事業、電力事業、共済・サービス事業などを展開している生活協同組合コープこうべ。2021年に100周年を迎えるなど、地域に根差した事業を長年にわたり手がけています。

近年はおうち時間の増加などもあり、食品や日用品などの宅配ニーズは増していくばかり。それに伴って事業エリア全体で宅配事業を強化しており、ルート配送の増員が不可欠な状況。正職員だけでも毎月10名以上を採用する必要がありました。

応募効果

応募
54
面接
29
内定
4
入社
3

1回の掲載あたり50名前後の応募数を

年間通して維持することに成功!

採用上の課題と解決策

採用上の課題

■課題①

採用活動は中長期。高い応募効果を維持し続ける必要あり。

■課題②

複数エリア採用のネック。採用しやすい・しにくいエリアが存在。

■課題③

担当人事は超多忙。複数媒体&大量採用をたった1人で管理。

解決策

■解決策①

広告バリエーションを複数用意!応募数が目減りしない状態に。
 

■解決策②

スカウト機能と社内調整がポイント。採用できる部分にコストを集中投下。
 

■解決策③

マンパワー不足を営業担当がカバー。的確な分析・提案で人事をサポート。

広告バリエーションを複数用意!応募数が目減りしない状態に。

10名以上の人材をコンスタントに採用し続ける――採用業務を手がける方なら、その難しさがお分かりいただけると思います。特に通年での採用は、連続掲載に伴う応募数の目減りが大きな課題。採用目標の達成に向け、この点をクリアする必要がありました。

いくら会員数の多い転職サイトでも人材が無限にいるわけではありません。採用となった方は翌月の掲載で応募してくれませんから、同じターゲットに同じ訴求を繰り返していると応募数が目減りする可能性があるのです。

そこで、コープこうべ様では広告ターゲットをいくつかのセグメントに分類し、それぞれに対する訴求を行なっていくことにしました。具体的には…

・安定志向の方をターゲットに。訴求内容は、安定した生活が手に入ること。
・人と話すのが好きな方をターゲットに。訴求内容は、お客様と触れ合う楽しみ。

…といった具合です。そうした広告を交互に使い分けることで連続掲載に伴う応募数の目減りを防ぐことに成功したのです。実際、エン転職で行なったルート配送の採用では「1回の掲載あたり50名前後の応募数」を年間通して維持することに成功しました。

 

エン転職に実際に掲載された求人広告の「PRスペース」

複数エリア採用のネック。採用しやすい・しにくいエリアが存在。

兵庫県全域、京都府京丹後市、大阪府北部と複数エリアに事業展開しているコープこうべ様。採用拠点も都会から郊外エリアまで幅広く、人口の多いエリアと少ないエリアで採用状況に違いが出ていました。

そこで活用したのがスカウト機能です。エン転職には無料で使用できるスカウト機能がついており、その活用方法を工夫することで高い応募効果を獲得されました。ここでのポイントは2つあります。「ターゲットの集中と選択」と「社内調整」です。コープこうべ様がどのような選択と集中を行なったか。まずはその点からご紹介させてください。

以前は募集エリア全域の方、かつドライバー希望者の方にスカウトを送っていたコープこうべ様。送信先の選択に問題はないものの、採用しやすいエリアとそうでないエリアが生まれている状態でした。そのため、採用しやすいエリアにスカウトを集中。あえて捨てエリアをつくり、スカウト効果の最大化を狙ったのです。また、送信先の条件(求職者の希望職種、経験職種など)も掲載する原稿に合わせて変更。広告と相性がいい層をターゲットにすることでスカウトによる応募数も安定しました。

一方、採用しにくいエリアはどうなるのか。そこで登場するのが2つ目のポイント「社内調整」です。採用しやすいエリアは求人で増員、そうでないエリアは既存拠点からの異動で体制を強化しました。複数エリアの採用では拠点ごとの採用数がばらつくケースも多いですが、そういったネックを社内調整でカバーされた好例です。

マンパワー不足を営業担当がカバー。分析と提案で人事の強い味方に。

人事担当は複数いるものの、ルート配送の採用を管理しているのは1名のみ。毎月10名以上の採用とあって、使用する転職サイトはエン転職を含めて4媒体。さらにHP経由の応募にも対応しなければならない状況でした。そのため、広告出稿に伴う各媒体担当者との打ち合わせ、掲載後の応募受付、面接日時の調整、面接、選考状況の管理、スカウト返信者への対応など、人事担当の毎日は超がつくほど多忙。採用活動の分析や改善を検討する時間を捻出するのは容易ではありませんでした。

そこで、エン転職の営業担当は2つの手を打ちます。1つはエン・ジャパンが提供する「スカウト代行サービス」を使って人事担当者の負担を軽減すること。もう1つは採用活動のプランニングから掲載後の状況分析、改善提案までをきめ細かく行なうことです。

「スカウト代行サービス」では、企業に代わってエン・ジャパンの専任担当がスカウトを送ります。事務作業に使う時間を採用活動の分析や計画立案などにあてられるため、人事担当がコア業務に力を注げる環境をつくれるのです。

営業担当によるフォローにおいては、掲載後の状況に合わせた定期・不定期の振り返りが実施されました。順調なときは定期的な連絡でのレポートに留め、状況が思わしくなければ早いタイミングで改善に向けた打ち手を打診。問題分析から改善策までをまとめた資料を提供し、人事担当はそれをもとに判断するだけでいい状態をつくりました。

結果、年間を通じて多少の波はあったものの、全体を通して採用計画に沿った成果を上げることに成功。幅広いエリアで継続的な増員を実現されています。

採用担当者の声

面接日調整がサクッと完了。時間短縮につながっています。

エン転職ってテレビCMを流しているじゃないですか。イメージキャラクターの方が着ぐるみを着て出てきて「総合満足度№1」とアピールする、みたいな。それって求職者の方だけじゃなく、人事の満足度も考えてくれているのかなと思いましたね。

というのも、エン転職は企業に提供される管理画面のユーザビリティがとても高いんです。管理画面には応募者と面接日程を調整できるページがあるのですが、それが本当に使いやすくて。仕事をサクサクと進められるのですごく助かっているんです。

具体的には、面接日程を調整するページで応募者の面接希望日が見られるようになっています。それだけ?と思うかもしれませんが、別ページに飛んで確認するサイトとは手間と時間が大違いなんですよ。毎月数十名の面接がありますので、数十分~数時間の削減につながっているんです。



人事部 多田様

もう一人の人事として寄り添ってくれる営業担当。全幅の信頼を寄せています。

持ち上げるのは少し恥ずかしいのですが、掲載後の分析や打ち手の提案が本当に的確で感謝しています。状況が思わしくなければスグに対策を立てて連絡してくれますし、その内容も納得のいくものばかり。応募が集まっていない要因は何か。改善できるポイントはどこか。どのように改善するか。転職市場の状況なども踏まえて提案してくれます。

提案の納得度はもちろんですが、それに実績がついてきているので文句のつけようがありませんね。これからも採用目標の達成に向けて伴走していただきたいと思っています。

採用事例まとめてダウンロード

エン転職は利用者満足度四年連続No. 1
エン転職は利用者満足度四年連続No. 1 採用に関する悩みご相談 お気軽にお問い合わせください
採用に関する悩みご相談 お気軽にお問い合わせください
画像:女性
採用について一度話を聞いてみたいという方はこちら
画像:ファイル
エン転職の料金表・パンフレットをダウンロードしたい方はこちら