活躍可能性の高い人材にアプローチ。
ピッタリな人材の採用を実現!

・職種  :空間ディレクター
・業種  :建設業
・エリア :関西・中部東海
・従業員数:429名(2021年2月時点)
・設立  :1958年

株式会社ムラヤマ

感動を生む出会いと心潤うコミュニケーションを創る“感動創造カンパニー”として、事業を展開。展示会やPRイベント、式典、アミューズメント施設、商業施設などの企画・設計・施工・運営を行なっています。これまでの実績と信頼から、依頼が増加。大型案件をさらに増やしていくため、名古屋支店で空間ディレクターを採用するために、エン転職を活用しました。

応募効果

応募
18
面接
3
内定
1
入社
1

空間ディレクターに活かせる経験を持つ人材を採用!

採用上の課題と解決策

採用上の課題

■課題①

活躍可能性の高い人材からの応募獲得。

解決策

■解決策①

求める人物像を明確化し、求人の応募資格欄に記載。

■解決策②

活躍可能性の高い人材に刺さる訴求で、魅力付けを実施。

■解決策③

スカウトメールを活用し、能動的にアプローチ。

求める人物像を明確化し、求人の応募資格欄に記載。

同社はニッチな業界に属しており、空間ディレクターという仕事も理解されにくいとお考えでした。というのも、これまでの採用活動ではいわゆる“憧れ応募”が多く、活躍可能性の低い人材からの応募が大半という印象をお持ちだったのです。そのため、今回の採用活動では、本当に採用したい人材とのマッチングを実現するためのノウハウを必要としていました。

そこで、『エン転職』のディレクターは取材で、求める人物像を明確化。どんな人材であれば、入社後に活躍してくれる可能性が高いかを徹底的にヒアリングしました。その上で、『エン転職』のコピーライターと議論を交わし、求人の応募資格欄に明確化した求める人物像を記載。経験やスキルだけでなく志向性についても触れ、求職者が求人を見て、「自分は求める人物像に当てはまっているのか」が分かるよう詳細に記載しました。下の画像は、実際に掲載された求人の『応募資格』です。
 

実際に掲載された求人の『応募資格』

活躍可能性の高い人材に刺さる訴求で、魅力付けを実施。

近しい業界や近しい仕事の経験がある求職者に「空間ディレクターの仕事って面白そう!」と思ってもらうためには、何を伝えるべきか。『エン転職』の営業、ディレクター、コピーライターが一丸となって検討し、仕事のリアルな魅力に着目しました。

具体的には、勤務地となる名古屋支店で担当しているテーマパークの内装、大規模イベントの会場設営といった案件例、企画から納入・施工まで一貫して手がけるという同社の特徴、そしてクライアントにもエンドユーザーにも喜んでもらえる感動体験ができること。

空間ディレクターという仕事柄、手がけるものや携わり方は気になるポイントです。仕事のリアルな魅力を描くことで、仕事内容の理解を促進しつつ魅力付けも行ないました。

実際に掲載された求人の『PRスペース』

スカウトメールを活用し、能動的にアプローチ。

スカウトメールとは、『エン転職』にご登録いただいている求職者の中から気になった方に対し、企業が直接アプローチできる採用手法のひとつ。未経験者採用はさることながら、特に経験者採用においては有効な手段です。

同社は今回の採用活動に限らず、以前から積極的にスカウトメールを活用されています。不特定多数に一括送信するのではなく、求職者が登録しているWeb履歴書を確認し、一人ひとりにあわせてカスタマイズしたスカウトメールを作成。今回の採用活動で送信したスカウトメールは74通と、一般的な企業に比べて少ないです。それでも、今回ご入社された方はスカウトメール経由でのご応募となっており、実際に効果につながっています。

その理由は、大きく2つ。1つは、『エン転職』のスカウトメールにある『おすすめレコメンド』という機能。事前に設定した条件に合致する人材を毎日ピックアップしてくれるため、企業が簡単に求める人材を探すことが可能です。もう1つは、『エン転職』の営業からのアドバイス。「スマホから閲覧する求職者が増えていますので、件名や本文はなるべく端的でシンプルにしましょう」など、採用のプロとして文面作成についてもアドバイスしています。その結果、活躍可能性の高い人材の採用につながりました。

5分で分かるエン転職!
詳細資料・料金表を
ダウンロード!
パンフレット_6年連続

採用担当者の声

『エン転職』はスカウトメールの
使いやすさがピカイチです。

『エン転職』を利用し始めて、今年で5年目。他社の転職サイトも利用した経験はありますが、やはり『エン転職』のスカウトメールが一番使いやすいです。

特に気に入っている点は2つあります。1つは、求職者が登録しているWeb履歴書の最終更新日が分かること。「この求職者は活発に動いている」というのがパッと見て分かるので、ありがたいです。そしてもう1つは、『おすすめレコメンド』という機能があること。おすすめ人材をピックアップしてくれるので、新着のおすすめ人材を中心に毎日100名近くのWeb履歴書を確認し、当社とマッチしそうな求職者にスカウトメールを送っています。

また、取引が始まった当初の営業が、スカウトメールの文面作成についても親身になって相談に乗ってくれたのが印象的でした。私自身も試行錯誤を重ね、だんだんコツを掴み、今では「テンプレートを使わず、一人ひとりにあわせて文面を変える」という工夫を凝らしています。それができているのも、ノウハウを教えてくれた営業がいたからです。


採用担当者 北山一郎 様

採用が難しい昨今。
企業側の努力も不可欠だと思っています。

求人作成を『エン転職』に任せているという安心感はありますが、採用難の昨今は待っているだけでは活躍可能性の高い人材を採用するのが難しいと考えています。だからこそスカウトメールを積極的に活用していますが、取り組んでいるのはそれだけではありません。

たとえば、応募者からメール・電話で仕事内容や労働環境に関する質問が寄せられたら、面接の前に面談の機会を設けることもあります。近しい業界や近しい仕事の経験がある求職者でも、たとえば「少人数の会社で働いていたから、大きな会社でやっていけるのだろうか」などと不安を抱えて応募をためらっているかもしれない。しっかり仕事内容や労働環境について説明することで、応募促進だけでなく、ミスマッチ防止にもつながります。

実際、今回の採用活動でも仕事内容についての質問メールをもらい、質問に対する回答と応募のお願いを返信したことが、応募そして入社につながりました。

今後もミスマッチのない採用を実現していきたい。そのためには、『エン転職』の営業やディレクター、コピーライターと一緒に、企業側も努力をすることが必要だと思っています。

共通CTA用_オリコン6年連続
エン転職に関する各種お問い合わせはこちら
料金表をダウンロード
採用についての相談
媒体資料ダウンロード
事例集をダウンロード